口と体の臭いを消すには?ふつうに体臭が消えない時の対処法

口臭と体のメカニズムの共通

人間の体でなぜあのような口臭のキツイ臭いが出てくるのか?
これは体の構造が関係しています。

 

口臭とフケは、似た一面があると思います。メカニズムが非常によく似ているのです。
まずフケというのは、頭皮の部分が乾燥することによって発生します。乾燥が発生すると頭皮の一部が、ちょっと取れやすくなってしまうのです。ちなみに角質層と呼ばれる部分が取れるのですが。

 

ですので頭皮への乾燥状態は、フケを招くわけです。頭皮に対して乾燥状態が発生しないことが、フケ防止につながってくるでしょう。

 

ところで、それは口臭にも似ています。口臭というのは口の中が乾燥状態になる事により、発生する症状です。そのため口の中が乾燥しないよう、極力唾液が分泌されるように工夫する必要があるのですが。
ところでそれは、何となくフケに似ていると思いませんでしょうか。

 

頭皮に対するフケというのは、頭皮の乾燥状態によって発生しているものです。なおかつ口臭の原因も、乾燥なのです。どちらも「乾燥によって、ちょっと普段とは違うものが外に出てくる」という意味では何となく似ていると思います。
それを考えると、人間の身体がドライ状態になるのがあまり宜しくないと言えるのですが。何しろ口臭もフケも乾燥が大きく関係しているという点では、確実に共通していると私は思います。

 

また、体の構造という意味ではなた豆は非常に人に適っています。

 

というのもなた豆に含まれるカナバニンは抗炎症、排膿効果があるとされ、口臭予防に対し非常に有効とされています。
また、体の自浄作用を高めてくれるコンカナバリンAも口臭の原因とされる歯周病菌を抑える体の免疫力を上げるとされています。
なた豆が配合されたなた豆歯磨き粉はこちらから

 

ダイエット中の口臭が気になる

 

口臭は、ダイエットと大きな関係があるそうです。
ダイエット中に口臭がキツくなったことないですか?
結論から申し上げると、無理なダイエットは口臭の原因になると言われています。ダイエットを行う時には食事制限などをするケースがありますが、その時体にはケトン体と呼ばれる物質が排出される事があるのです。その物質は、かなり強い臭い(ニオイ)があるそうなのです。そして、それが口臭として反映されるという訳です。

 

ちなみにその物質から発せられる匂いは、どことなく糖尿病の時に生じる臭いに近いそうなのです。ダイエットは口臭とはあまり関係ないと思われるかもしれませんが、実は大いに関係している訳です。
さらに上記で申し上げたケトン体は、身体の色々な臭いにも関係してくるそうです。

 

一番最初にその症状が出てくるのが口臭なのですが、身体のあちらこちらの匂いもそのケトン体が関わっているそうなのです。したがって無理なダイエットを行ってしまう事は、体全体からの体臭にもつながってしまうでしょう。
肝心なことは、無理をしないことだと思います。あくまでも無理のない範囲でダイエットを行うのが良いわけです。特に食事を抜かないのが肝心です。

 

それにしてもダイエットと口臭とは、また思わぬところでつながっているものだと思います。
また、ダイエットによる体質の変化で唾液がでない、または出にくくなるということも口臭の原因とされています。

 

このような場合はなた豆歯磨きを使用すると唾液が出やすくなると言われています。

 

 

プラセンタにより口臭が改善

 

最近プラセンタと呼ばれる物質が、色々と話題になってきているものです。薬店などでもよく赤色のパッケージに入って、陳列されているものです。プラセンタは、身体に対しては色々ポジティブな効果が有ると言われているのですが。

 

その物質にはどのような効果があるかというと、身体の色々な代謝を促進してくれるのです。脂肪の燃焼が促進されるのは、新陳代謝に関係しているものです。新陳代謝が盛んですと、脂肪も燃焼されやすくなるのです。そのためプラセンタは、ダイエットにもよく使われるものです。

 

ところで、そのプラセンタは実は口臭とも大きな関係があるそうです。クリニックによっては、口臭の治療するためにプラセンタを用いているケースがあるそうです。
新陳代謝が促進されるという事は、身体の色々な働きが良くなってくる訳なのです。その結果、唾液の分泌もさらに良くなると見込まれている訳なのです。

 

口臭という症状は、唾液の分泌がちょっとストップしてしまうことによって発生する事があります。しかしプラセンタを摂取すれば、その分泌もされやすくなります。

 

さらにプラセンタは、加齢対策にもとても良い物質と言われているのですが。そのような理由から、プラセンタは口臭対策としては有益な物質と見込まれている訳です。
口臭のためには緑茶などがとても良いと言われていますが、それと併せてプラセンタなども飲んでみると効果が見込めるのではないでしょうか。

 

また口臭の原因である歯周病は体の自浄作用によりある程度改善されるため、体質を変える意味でもプラセンタは口臭対策に有効という見方もできます。

 

 

ビタミンCが口臭に良い理由

 

口臭に効果が見込める栄養素というのは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

幾つかあるのですが、その1つはビタミンCだそうです。ビタミンCが口臭にどのように関わってくるかと言うと、コラーゲンです。

 

そもそもなぜ口臭が発生するかと言うと、歯の根元にその原因がある場合があります。歯の根元に何らかの悪い症状が発生していると、口がちょっと臭くなってしまうケースがあるのです。ではどのようにすればその歯の根元を改善できるかと言うと、その方法の1つがコラーゲンなのです。

 

コラーゲンと言うと若返りというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、あれは実は歯茎にも良い効果があるそうなのです。コラーゲンが分泌される事で歯茎の改善が行われます。その結果歯の根元が良くなって、口臭が解決できると見込まれています。

 

ですのでビタミンCを摂取することは、口臭解決にも結びついてくると言われています。
ちなみに口臭というのは、年齢とも大きな関係があります。年を重ねると、口内にはある物質が多く分泌される傾向があります。その結果口臭が発生するケースがあるのですが、上記でも触れた通りコラーゲンというのは若返りにも大きな効果があると見込まれているのです。

 

であればコラーゲンによる若返りにより、口臭対策ができるのではないでしょうか。

 

また、これらに加え、なた豆などが配合されたなた豆歯磨きも口臭予防には優れた効果を発揮してくれます。
なた豆はアミノ酸の一種であるコンカナバリンAという物質があり、これらが口臭の原因である歯周病へ作用すると考えられています。

 

 

 

犬にも発生する口臭とその対策

 

最近知人は、ちょっと犬に関する質問をしていました。犬のある症状に困っていて、ある詳しい人に質問をしていたようです。
口臭です。人間にも口臭が発生しますが、犬にもそれが発生するものなのです。

 

質問の結果、犬の場合は歯磨きが大きなポイントになる事が分かったようです。
人間の歯には、歯周病など色々と悪いものが付いている事があります。歯垢などはその1つです。歯垢の状態が悪くなってしまいますと、最終的には歯石になってしまうのです。そして犬の場合も、歯石が発生するケースがあるそうのです。
つまり口の中の歯の状態があまり衛生的ではないゆえに、犬にも口臭が発生するケースがある訳なのです。人間も犬もどちらも同じ哺乳類だけに、何となく共通要素を感じるものだと思いますが。

 

そして犬の場合は、割と奥歯に汚れが付きやすいようです。ですので奥歯を重点的に磨くことが、犬の口臭予防にもつながってくるそうです。

 

ちなみにそれは人間に対しても言えることです。人間の奥歯はちょっと磨きづらい箇所ですが、そこが口臭の原因になっている事があるのです。

 

それにしても人間も犬も、どことなく共通しているものだと思います。とにかく歯磨きを徹底するのが、哺乳類の口臭対策になると言えるでしょう。

 

歯周病と口臭の関係はこちらもご参考に